いますぐお申込み

お試し診断

審査結果のご確認

おまとめローン



会員ログイン

以前ご利用のお客様

改正貸金業法で何がどうなったの?


年収書類提出のお願い

重要なお知らせ
ATM手数料について
金融犯罪にご注意ください
災害救助法適用地域のお客さまへ

女性スタッフ完全対応。女性のためのノーローン

新生銀行グループからのお知らせ

貸金業法について
法律により、ローン・キャッシングのルールが変わりました。

家計管理診断
キャッシングお申込み初めてのお客様へ

アドオン金利


読み:あどおんきんり


キャッシング残高を、複数回で返済する場合の金利計算方法として、
①毎回の返済ごとに借入残高が減少するように扱う方法
②計算上で借入残高を減少しないと仮定する方法
の2種類があります。

①が実質年率、②がアドオン金利です。

実際の計算例は以下のようになります。

例えば3万円のキャッシングを、毎月1回づつ3回で返済する場合。
(なお、各回とも返済する元金は1万円づつとしています。)


実質年率12%(=月利1%)の場合の利息
返済1回目  借入残高3万円×1%=300円
返済2回目  借入残高2万円×1%=200円
返済3回目  借入残高1万円×1%=100円
利息の合計600円
 
アドオン金利12%(=月利1%)の場合の利息
返済1回目  計算上の借入残高3万円×1%=300円
返済2回目  計算上の借入残高3万円×1%=300円
返済3回目  計算上の借入残高3万円×1%=300円
利息の合計900円

つまり同じ%の金利でも、アドオン返済の方が利息が高くなります。

現在では、アドオン金利の表示は禁止され、実質年率の表示が義務付けられております。


関連リンク
金利
キャッシング


キャッシングお試し診断!   返済シミュレーション!
(TEL)0120-394160 ケータイ・スマホからでもOK9:00-21:00(年中無休) インターネットでお申込み
→はじめての方はこちら